白玉と星草⭐️

小さな動物達シルバニアファミリーが暮らすミニチュア世界『コンペー島』を手作りしています。

白玉星草☆物語6 茶ウサおばあちゃんに教わるウェディングドレス作り☆

茶ウサおばあちゃんはトリノ荘の母屋に住んでいます。

今日は朝から鼻歌を歌いながらガサゴソお出かけの準備をしています。

 

f:id:santanka:20200715143049j:plain

そこへアヒルさんがやってきました。

『おばあちゃん、おはよう!とってもご機嫌ね』

f:id:santanka:20200715142950j:plain

『おはよう♪今日はお店へ行くのよ』

 

おばあちゃんは仕立屋さんを営んでいましたが

少し前に代を譲り引退したのでした。

今日はその仕立屋さんへお手伝いに行くそうです。

 

 

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆

 

『おはよう〜』おばあちゃん、仕立屋さんに到着です。

f:id:santanka:20200715143418j:plain

「おばあちゃん今日はありがとう!」

 

『さっそくはじめましょう!』

f:id:santanka:20200715144008j:plain

「小さな花嫁さんなんだけどね

とてもフサフサできれいな尻尾をお持ちなの」

スカンクさんのサイズを確認しています。

 

ドレスのデザインは茶ウサさんが考えました。

f:id:santanka:20200715144251j:plain

生地は光沢のあるアイボリーにします。

f:id:santanka:20200715144513j:plain

茶ウサさんは一人でも十分にできるけど

やっぱりおばあちゃんが来てくれると心強いようです。

f:id:santanka:20200715144750j:plain

 

来る日も来る日もドレス作りを続けて

 

f:id:santanka:20200715144921j:plain


2週間ほど経ちました。

いよいよ作業も大詰めです。

 

f:id:santanka:20200715145047j:plain

 

 

そしてついに完成です!

 

 

 

f:id:santanka:20200715145152j:plain

 

茶ウサさんの考えたウエディングドレスを

おばあちゃんと一緒に作りました。

スカンクさんはきっと喜んでくれるでしょう。